フィンテック企業と銀行連携、住宅ローン「最適」提案

住宅ローンの顧客開拓でフィンテック企業と銀行との連携が広がっていることが報じられました。

 

フィンテック企業が借り手のデータに合わせて適したローンを提案し、金融機関につなぐもので、新型コロナウイルスの影響で営業戦略の再構築を迫られるなか、効率的に顧客との接点を増やすための協業が加速しそうだと報じていました。

 

お客様に合った住宅ローン商品の提案書をお送りします――。

アプリのチャットで送られてきた提案書から金融機関の商品を1つ選び、専門家に相談しながら申し込み手続きを進めることができ、借り手は金融機関に足を運ばなくても手続きが完了します。

このサービスを展開するのは「住宅ローンテック」を手掛けるiYell(イエール、東京・渋谷)。

 

2千社を超える住宅事業者が導入するアプリ「いえーる ダンドリ」で、購入者の住宅ローンの相談やスケジュール管理、申し込みなどを助けていますが、アプリを通じて住宅ローン商品を提案し、連携する100を超える金融機関につなぎます。

 

同業のMFS(同・千代田)もアプリ「モゲチェック」で人工知能(AI)で顧客の属性にあった商品を提案するサービスを手掛けています。

 

両社が裏側で駆使するのはAIです。

過去の成約データなどに基づいて構築した分析モデルを使い、借り手の職業や雇用形態、職種、年齢、購入物件の特徴などから、買い手の住宅ローン審査の「通りやすさ」を判定します。