ファミマなどの購買データを活用したスマホ広告の新会社設立

ファミリーマートと伊藤忠商事、NTTドコモ、サイバーエージェントの4社は、ファミマなどの購買データを活用したデジタル広告の新会社を12月にも設立することが報じられました。

 

個人の好みに合った広告をスマートフォンなどに表示するもので、消費者の満足度が高まる手法として受け入れられれば、同様のサービスが日本でも広がる可能性があると報じていました。