ファミマで、Tポイントだけでなく、ドコモや楽天もOKに

ファミリーマートは2020年までに、段階的にNTTドコモ楽天の共通ポイントサービスを使えるようにすると報じられました。

 

支払いの際にドコモや楽天側の負担でポイントを付与し、利用者がためたポイントをファミマでの買い物に使えるようにします。

 

来店客数が伸び悩むコンビニにとって、ポイントは集客の重要な手段。

 

ファミマはこれまでも複数のポイントサービスの導入を狙ってきたが、他のポイントとの併用を認めないというTポイントの原則がハードルとなっていました。

 

Tポイントの強みは顧客データを活用した店舗運営支援。

 

楽天やドコモは今のところ、Tポイントのように表立ってデータ分析による店舗運営支援は手掛けていませんが、スマートフォン(スマホ)決済の際にポイントが付与されたり使用できたりし、利用者の利便性を高めています。

 

政府のキャッシュレス決済の導入促進もあり、スマホ決済は今後の広がりが期待されており、両社の大きな強みになると報じられていました。