ビットコイン 20万円台突破 歴史的大台へ  

2017年5月9日、ビットコイン価格が20万円を突破しました。

一時22万円を記録するなど更なる価格上昇の気配を見せています。ビットコイン価格は、ゴールデンウィークに入り過去最高価格である16万円台を記録、その後わずか数日で4万円近い価格上昇をした形になります。ビットコインは価格変動が激しいことで有名ですが、なぜこれほど急激な上昇を記録したのでしょうか?

 

価格上昇の背景として、ハードフォーク危機のリスク低下、ライトコインのSegwit承認に向けた動き、bitfinexなどの取引所でドルの引き出し停止などが考えられます。特にハードフォークは大きな問題であったため、直近の危機が去ったことは大きいでしょう。また、ビットコインETFも影響していると考えられます。ウィンクルボス兄弟によって米国証券取引委員会(SEC)に申請されていたビットコインETFは3月に否認されてしまいましたが、4月26日に再考要請が承認された可能性が高いことが判明しました。ビットコインETFはビットコイン投資の裾野を広げる投資商品であり、期待値の高さが伺えます。ビットコインへの投資量が増加していることも大きいです。特に日本での投資量が増加しており、価格上昇を牽引する存在になっています。