パワハラが経営リスクに 6月から企業に防止措置義務

パワーハラスメント(パワハラ)への対応が企業経営のリスクになってきたと報じられました。
国際労働機関(ILO)は2019年、職場でのハラスメントを全面的に禁止する国際条約を採択しました。
日本も6月から企業に防止措置を義務付けとなります。
パワハラを防がないと、企業の信頼低下や顧客離れにつながる恐れが生じてきます。