ネスレがスタバ商品の販売権取得 競合同士の提携で存在感高める

食品世界最大手、ネスレは米スターバックスから商品の販売権を取得することで合意したと発表したと報道されました。投資額は約72億ドル(約7900億円)。

 

スーパーなどのスタバ商品を販売できる。世界的な人気ブランドを手に入れ、主力のコーヒー分野で成長に弾みをつける。

 

ネスレはスーパーや百貨店で扱っているコーヒー豆などスタバ商品を販売するが、スタバの店舗内の商品や一部の飲料は対象外。

 

スタバは獲得資金を自社株買いに充てる見通し。両社は2018年末までに取引を終える。

 

コーヒー世界最大手のネスレが競合相手のスタバと連携する背景には、米国市場での存在感を高めたい狙いがある。

 

欧米メディアによるとネスレは米市場シェアは5位。

新規開拓には圧倒的な支持があるスタバのブランド力が欠かせないと判断したようだ。

17年9月には豆の仕入れや作り方にこだわる個性派コーヒーの米ブルーボトルコーヒーを買収した。