ドラック店独走 大手4社最高益更新

小売業のなかでドラッグストアの一人勝ちが際立ってきたと報道されました。

 

2018年5月期の連結決算を発表したツルハホールディングス(HD)を含め、大手4社がそろって前期に最高益を更新したためだ。

 

ドラッグストアの主力販売品である医薬品や化粧品は食品に比べ粗利益率が高い。

 

値引き余力が大きいのを武器に「客寄せ」の食品は安売りし、スーパーなどの顧客取り込みに成功している。

客数が増え医薬品などの販売量も増えれば収益は確保できるという計算だ。

食品シフトはドラッグストア大手に共通の戦略だ。