ドコモの保険ショップ、33店舗に  (ネクタイ派手夫の保険流通革命ブログより)

ドコモの保険ショップ、いつの間にか増えましたね。

 

東京海上日動あんしん生命社が、一日の歩数が8000歩を超えると還付金が出る医療保険を新販売するというニュースの中に、「まずは8月に首都圏のドコモショップで販売」と出ていたので、改めてホームページで確認したところ、実に33店舗もありました。

 

東京都では、千代田区、台東区、葛飾区、世田谷区、板橋区、練馬区に1店舗ずつ、江東区に2店舗で、23区内に8店舗、あとは、東久留米市、国分寺市、東村山市、立川市、日野市、八王子市に1店舗ずつ、町田市に2店舗の出店。

 

埼玉県では、さいたま市大宮区、南区、上尾市、戸田市、八潮市、越谷市に1店舗ずつ、千葉県は千葉市、松戸市、船橋市、柏市、野田市に1店舗ずつ、神奈川県には川崎市、横浜市都筑区と青葉区に1店舗ずつ出店されています。

 

あとは、山梨県富士吉田市、栃木県小山市、茨城県龍ケ崎市に1店舗ずつとなっていました。

 

中々、各都市に重なることなく出店していて、店舗展開が面白いですね。

 

これらのドコモ保険ショップで、「先行」して、東京海上日動あんしん生命の歩けば還付金が貰える医療保険が販売されます。

 

因みに、この新発売の保険は、一日あたりの歩数が平均で8000歩を超えると「3年目に年1200円~3600円程度の還付金が受け取れるという医療保険で、スマホのデータを活用するなどして、なりすましを防ぐ対策も施すと記事に掲載されていました。

 

無償で貸与するウェアラブル端末とNTTドコモが開発したスマホ向けのアプリを接続して、ビックデータも取得しようという企画です。

 

ドコモ保険ショップで先行販売することで、ドコモ保険ショップの認知度を上げたいという主旨でしょうが、上手く行くとはとても思えませんが。

 

それにしても、「健康」関連の保険商品が出て来ましたね。

 

どう販売するか?

 

健康志向だと思いますが、それを保険加入に繋げるには、もう二工夫くらいは必要だと思います。

 

顧客に寄り添った商品であるとは思いますので、保険代理店も創意工夫して、トライ・エラーを繰り広げて行きましょうーー!!