ドコモがデータビジネス参入へ 7000万人データ開発

NTTドコモは顧客情報を活用したデータビジネスに参入することが報じられました。

 

2019年度内に共通ポイントサービス「dポイント」の会員情報を協業先の企業が活用できる事業を始めるそうです。

 

会員数は7000万人規模で、個人の許可を得て買い物などのデータを分析します。

 

共通ポイントによる顧客の囲い込みから一歩進み、ビッグデータを収益化する動きが広がりそうだと報じられていました。