ドイツの保険大手アリアンツが日本で不動産投資参入へ

ドイツの保険大手アリアンツは約1300億円を投じ、東京や大阪などの賃貸マンション約80棟を取得することが報じられました。

 

日本での本格的な不動産投資は初めて。

 

世界的な低金利を受け、一定の利回りを確保しやすい不動産投資の魅力は高まっている中、大都市は地方からの人口流入が続き、将来も安定した賃貸需要が見込めると判断したとのこと。

 

海外の大型投資家の参入で、日本での不動産取引がますます活発になりそうだと報じられてました。