トヨタとホンダがMaaS新会社でタッグ 自動車業界トップと2位の連携

自動運転技術などを活用した新たな交通サービスの展開を目指し、トヨタ自動車とソフトバンクが立ち上げた新会社に、「ホンダ」が出資することになったことが報じられました。

 

自動車業界の経営環境が激変する中、トヨタとホンダという日本の大手メーカーどうしが手を組むことになります。

 

発表によりますと、トヨタとソフトバンクが立ち上げた新会社「モネ テクノロジーズ」にホンダが2億4995万円を出資して株式の9%余りを取得するほか、トヨタグループの「日野自動車」もホンダと同じ規模の出資を行います。

モネ テクノロジーズは今後100を超える自治体と連携し、トヨタが開発を進める自動運転技術を搭載した電気自動車で、新たな交通サービスの展開を目指しています。

今回の資本提携でホンダは今後の実証実験に参画する一方、新会社としてはホンダの車両から得た走行データを活用するなどして新しい交通サービスの分野で主導権を握りたい考えです。

この分野は海外のIT大手など異業種の参入が相次いでいて、自動車業界の経営環境が激変する中、トヨタとホンダという日本の大手メーカーどうしが手を組むことになります。