トヨタが静岡県の工場跡地に「未来型都市」開発発表

太陽光発電などで電力をまかなうスマートホームが建ち並び、街の中を自動運転の自動車が走る、そして、そのすべての管理をAI=人工知能が担う。
まるで映画に出てきそうな未来の都市の姿ですが、トヨタ自動車が裾野市でその実現に向けて乗り出すことになることが報じられました。

 

これは、アメリカのラスベガスで、世界最大規模のテクノロジーの見本市「CES」が始まるのを前に、トヨタ自動車の豊田章男社長が発表しました。

 

それによりますと、未来型の新しい都市が開発されるのは、裾野市内にある閉鎖予定の「トヨタ自動車東日本」の東富士工場跡地。
構想では、広さは70万平方メートル余りで、スマートホームや商業施設、それに公園などを建設し、公募などによっておよそ2000人の住民が暮らす計画です。
そして、自動運転やAI=人工知能の技術を活用して「MaaS」と呼ばれる地域で車を共有する新しいサービスや、それにロボットなどの実証を行い、新しいビジネスの創出につなげたいとしています。
トヨタは、来年の初めに都市の建設に取りかかることにしていて、IT関連の企業など異業種の参画を呼びかける方針です。

記者の報告「トヨタの工場です。こちらの広大な敷地に道路が網の目のように織り込まれた『WovenCity(ウーブン・シティ)』未来型の都市が実現されようとしています」。
設計は、ニューヨークの同時多発テロの現場の跡地に建設中の新たな高層ビルや、グーグルの新しい本社などを手がけるデンマークの建築家に依頼しました。
この都市では、完全自動運転で二酸化炭素の排出がゼロの車や、「パーソナルモビリティ」と呼ばれる1人乗りの小型の電気自動車などが走行します。
自動運転の車はライドシェアと呼ばれる相乗りの送迎や宅配のサービスを行うだけでなく、移動型の店舗として街を走る計画です。
都市に必要なエネルギーは水素によって発電するほか、住宅や商業施設には、太陽光発電のパネルを設置するなど、環境に配慮した街づくりを進めるとしています。
そしてこうした未来型の街づくりを支えるのは、莫大な量の情報を瞬時に処理できる高度なAI=人工知能や通信インフラの最新技術です。