トヨタ 常務役員等を廃止し経営判断を迅速化

トヨタ自動車が執行役員の常務役員と、その下で役員待遇の常務理事、部長や室長などの管理職を務める基幹職1級と2級を廃止し、新設する「幹部職」に平成31年1月にも統合する方針を固めたことが分かったと報じられました。

 

制度見直しに合わせた昇格などもあるため単純比較はできないが、常務役員33人を含め現在55人いる執行役員は6割程度減る計算になるそうです。

 

役員を少なくして経営判断を迅速化し、若手を積極的に登用するとの経営判断のようです。