タイで本気で保険販売する勉強会をバンコクで開催しました

東南アジアの保険会社を日本の保険会社がM&Aで地盤を固めている中、保険代理店としてもタイで本気で保険販売できないかを考える会を712日、13日とタイ・バンコクで行って来ました。

 

ターゲットは何処か?

 

一つはタイの富裕者層だと考えています。

 

タイでは年収24万パーツ(約79.2万円)までの方は納税義務がないそうで、現在6600万人と言われているタイの人口で税金を支払っているのは600万人位。

 

しかし、富裕者層は群を抜いた富裕者層なので、ここに何かできないかと考えています。

 

タイの保険会社の養老保険は3年払込の10年満期で3%以上の利回りとなりますが、こんな利回りて動くことはないと思いますので、エッジの利いた富裕者層向け金融商品等もご提案が出来れば可能性はあるので、その何かを探しているところです。

 

二つ目はタイで起業されている方だと考えています。

 

バンコク周辺だけで日本人は67000人。

 

うち駐在員は55000人と言われており、残りの12000人はタイで起業し仕事をしている方になります。

 

最近、銀行窓販でタイ企業向けに保険が売れており、日本人経営者企業を攻めることが出来れば面白いと考えています。

 

ここから従業員であるタイ人等の保険まで行けるとベストだと考えています。

 

日本人が起業している会社の給与は普通よりは高いと思われますので、納税している方もあり、その点で生命保険料控除も効くかと思っています。

 

タイにも生命保険料控除制度があって、保障期間10年以上の生命保険に加入すれば上限で10万バーツ(約33万円)の控除が得られます。

 

こうした税制優遇措置も効く客層に提案できればと考えています。

 

とは言え、こうした展開が現実に可能かを地元保険関係で活躍される複数の方からレクチャーを受けつつ、ブレストを繰り返し実施させていただき、大変参考になりました。行って確認しないとわからないことは多いですよね。

 

まさに「百聞は一見に如かず」で、今回のツアーも実現して良かったと思いました。

 

その後、タイで従業員600人程度の日系製造業企業のトップともお会いしました。

 

その中で、日本人スタッフが体調を崩したので近くの病院に入院させ点滴を4本打ってもらったが、請求額を見て腰が抜けたという逸話も聞けました。

 

皆さんは点滴4本でいくら掛かったかと思われますか?

 

何と80万円かかったそうです。

 

1週間程度の入院費用を含めて何と360万円の支払い請求があり、駐在員対象の海外旅行傷害保険で賄えて良かったという貴重なお話も聞くことが出来ました。

 

慣れない土地で長期にわたって仕事をしていると体調は間違いなく崩しますので、その際のコストを考えると保険の必要性は常に実感しているとのことでした。

 

駐在員はタイでの医療保険加入は考えるべきですし、従業員向けの福利厚生系保険加入の検討もする時期に入っているのではないかと勝手に考えています。

 

複数のお会いさせていただいた皆様とメール等で情報交換させていただき再度秋には訪問したいと考えています。

 

本気でタイで保険販売するためにお金を出しても良いという複数の保険代理店さんと一緒に行って最終提携等々、形にしたいと考えています。

 

スタートアップのための資金と毎月のランニングコストを払ってでもタイで保険販売の根を張ってみたいという保険代理店の皆様、今から参加申込受付け中です。

 

宜しくお願い申し上げます。