ソフトバンクグループ 自動運転に積極投資 ウーバーと交渉

ソフトバンクグループ(SBG)が自米ライドシェア大手ウーバーテクノロジーズの自動運転技術部門へ積極投資していることが報じられました。

 

SBGは米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下企業の主要株主でもあります。

 

孫正義会長兼社長は、人工知能(AI)が運転することで交通事故のない世界をつくるという理想を掲げ、事業を拡大しています。