スマホ融資でみずほフィナンシャルグループとソフトバンクが提携

みずほフィナンシャルグループとソフトバンクがスマートフォンを使う金融サービスで提携することが報じられました。

 

ソフトバンクグループのスマホ決済「PayPay」(ペイペイ)の顧客に対し、個人の信用力を人工知能(AI)ではかる信用スコアを使った個人向け融資などのサービスを提供するものです。

 

ペイペイはスマホ決済の国内最大手で、登録者数は約2800万人に達します。

今回の提携でペイペイの画面に個人向け融資や資産運用サービス用のアプリを表示します。

個人向け融資はみずほ銀行とソフトバンクが共同運営する「Jスコア」を使います。

利用者が年齢や職歴、趣味などの質問に答えると個人の信用力をAIが点数化し、評点が高いほど貸出金利が下がる仕組みだそうです。

従来の審査より若者層でも金利が安くなるケースがあり、約120万人が登録しています。

みずほ証券などが株主のモバイル証券サービス「ワンタップバイ」もペイペイで使えるようにし株式売買や投資信託の購入ができるようにするそうです。

みずほは約2400万人の個人顧客を持ちます。

 

ソフトバンクとお互いの顧客層を生かして相乗効果を高め、手数料などの収益拡大につなげる意向です。

スマホ金融を巡っては三井住友フィナンシャルグループとSBIホールディングスも包括提携しました。

金融機関や企業の連携が活発になっていると報じていました。