スマホで簡単に行える投資サービス「LINE証券」スタート

スマホで簡単に行える投資サービス「LINE証券」の提供が8月20日始まりました。

 

LINEの金融子会社LINE Financialと野村ホールディングスの合弁で提供。

 

1株数百円程度、多数の銘柄が3000円以下で取引でき、LINEユーザーの資産形成ニーズに応えるとしています。

「LINE証券」では、同社が厳選した日本の有名企業100社と、1口単位で取引できるTOPIX・不動産(東証REIT)、NYダウ、NASDAQ、金、原油などの指数に連動する国内ETF(上場投資信託)の9種類を用意します。

また、平日夜21時まで即時注文・即時約定が可能。現役世代のライフスタイルにあわせて取引できるとアピール。取引手数料は無料ですがスプレットを載せた価格を提示します。

口座開設の申し込みはLINEアプリから最短3分で可能。その後、4日ほどで簡易書留ハガキが届き、記載のQRコードから手続きが行えます。売買もLINEアプリのウォレットタブにある証券アイコンから6タップで完了します。入出金は銀行口座振り込みのほか、LINE Pay残高からも行えます。