スマホで少額融資急増 バイト・パートの若者が利用

新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しが見えないなか、個人にスマートフォン経由で少額資金を機動的に貸すフィンテックサービスの利用が増えていることが報じられました。

 

小売り・外食店の営業自粛でアルバイトやパートに行けない若者も多く活用しているそうです。

 

大手銀行のサービスが手薄な分野で、フィンテックが受け皿になっているそうです。