サイバー保険 特約新設

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は中小企業向けに販売している総合賠償責任保険を改定したことが報じられました。

 

サイバー攻撃など新種リスクに備えた特約を新設。また改定によって両社の商品を共通化、引き受け業種や保障範囲も拡大しました。

 

初年度は保険料収入ベースで前年度比15%増を目指すとしています。

 

日本損害保険協会の調査によると従業員が50人未満の企業はサイバー保険の加入率が約5%と低いですが、特約はサイバー保険の専門商品より補償範囲が狭いが保険料を抑えて加入のハードルを下げると想定しています。