ゴールドマン・サックス日本法人が銀行業参入を表明

米金融大手ゴールドマン・サックス日本法人が日本で消費者を対象にした銀行業に参入する意向を明らかにしたことが報じられました。

 

デジタル技術と金融を結びつけたフィンテックは日本でも成長市場と判断し、店舗を持たずオンラインで提供する事業モデルを日本でも展開すると発表しました。