ゴールデンバット113年の歴史に幕 わかば、エコー、ゴールデンバット10月以降販終了へ

JT=日本たばこ産業は、「わかば」、「エコー」、「ゴールデンバット」の3つの銘柄のたばこの販売を今年10月以降、在庫が無くなりしだい終了するとことが報じられました。

 

販売を終了する3つの銘柄は、「旧3級品」と呼ばれ、たばこ税の軽減措置の対象だったため、ほかの紙巻きたばこより、比較的、安い価格で販売されてきました。

しかし、今年9月末に、この軽減措置が廃止されることになったため大幅な値上げが避けられず、今のまま販売を続けることは難しいと判断しました。

「ゴールデンバット」が発売されたのは、今から113年前の明治39年、「わかば」や「エコー」は、昭和40年代に発売され長年、親しまれてきましたが、令和の時代にその姿を消すことになります。

会社では、「わかば」と「エコー」に関しては、ことし9月中旬から従来の商品と近い味で価格も維持したたばこを新たに発売するということです。