コンビニ店舗数 競争激化や人手不足で初の減少

国内のコンビニエンスストアの去年末の店舗数は、店どうしの競争の激化や人手不足により前の年より100店舗余り減り、2005年に今の形で統計を公表するようになってから初めて減少に転じたことが報じられました。

 

日本フランチャイズチェーン協会によりますと、国内のコンビニエンスストアの去年末の店舗数は5万5620店舗となり、前の年より123店舗、率にして0.2%減りました。

コンビニの年末の店舗数が前の年より減少したのは、2005年に今の形で統計を公表するようになってから初めてです。

一方、去年1年間の売り上げは、消費税率の引き上げに伴って導入されたキャッシュレス決済のポイント還元もあり、合わせて11兆1608億円と前の年より1.7%増えて過去最高を更新しました。

大手コンビニは、24時間営業を原則として一定の地域に集中的に出店する戦略で店舗数を増やし、チェーン全体として収益を拡大させてきましたが、店舗数が全国で5万5000店を超えて店どうしの競争が激化していることや、人手不足の影響で従業員の確保が難しくなるなどしたため、各社は新規出店の抑制や営業時間の見直しなどを進め、ビジネスモデルの転換を図ろうとしています。