コンビニ 健康を的にした商品開発強化で、健康を意識する中高年の客層を攻める

コンビニエンスストア大手各社が健康に焦点を当てた商品の開発に力を入れていることが報道されました。

 

セブン―イレブン・ジャパンは今秋、塩分を抑えた商品群を発売、ローソンやファミリーマートも低糖質をうたったパンや菓子を展開します。

 

コンビニの来店客数が伸び悩むなか、中高年など健康を意識する客層の利便性を高めることで成長継続を狙うとの目算。