コロナ保険支払い急増 4~6月で350億円超す

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う保険金の支払いが、今年4~6月の3か月間で350億円を超えたことがわかったと報じられました。

 

影響が深刻になった昨年3月から今年3月までの支払総額は約481億円で、今年度は半年もかからずにこの金額を突破しそうだとしています。

 

国内生保42社が加盟する生命保険協会によると、今年4~6月の新型コロナ感染に伴う保険金の支払総件数は10万6800件。

 

内訳は死亡保険が4215件で計約248億円、入院給付金が10万2585件で計約103億円だったそうです。

7月以降、感染力が従来株より強いデルタ株が広がり、新規感染者が急増しており、当然、保険金の支払いも急ピッチで増えています。

 

大手生保が発表した21年4~6月期決算によると、コロナ関連の支払額は、最大手の日本生命保険が約74億円、住友生命保険が約34億円、明治安田生命保険が約28億円でした。

生保各社は、新型コロナを巡り、死亡した際の保険金や入院時の給付金だけでなく、病床の 逼迫ひっぱく で自宅療養する感染者にも入院給付金を支払う特例措置を講じていて、支払いが生じています。