ゲームアプリで治療

製薬各社がスマートフォンを活用した「デジタル治療」に乗り出すことが報じられました。

 

塩野義製薬は2019年中に、発達障害の一種である注意欠陥多動性障害(ADHD)を治療するビデオゲームアプリの臨床試験(治験)を国内で始めるそうです。

 

大塚製薬はセンサーとアプリを組み合わせ、うつ病治療薬の効果を高めるそうです。

 

デジタル技術を使えば1000億円規模とされる新薬開発を効率化でき、後発薬への対抗策にもなるとしています。