グラミン日本準備機構 菅理事長にお会いして来ました

グラミン日本準備機構の菅理事長とお会いして来ました。

➡  https://grameen.jp/

 

グラミン日本は、日本の貧困者・生活困窮者に低利・無担保で少額融資を行い、起業や就労によって貧困から脱却するのを助けるマイクロファイナンス機関になります。

 

現代の日本では、貧困は失職、病気、ケガ、事故、配偶者との離別・死別などによって殆どすべての人に起こりうるものです。

 

グラミン日本では、貧困のない、誰もが活き活きと生きられる社会を創出し、貧困・生活困窮に陥った時、そこから脱却する助けが、セーフティーネット/ソフト・インフラとして整備されている社会を目指そうとしています。

 

日本の貧困ライン以下の生活困窮者は、約2000万人存在すると言われており、この方々の中で働く意欲があり生活をステップアップしたいという方々に5人1組で「互助グループ」を作ることが融資の条件となります。

 

「グラミンアメリカ」でのモデルは次の5つのステップを実行し貧困解消に向け努力するというものになります。

 

【ステップ1】

よりよい生活を目指して、グラミングループの仲間と5人1組のグループを作ります。

 

【ステップ2】

グループでローンや貯蓄、信用情報など金融に関する1週間のトレーニングを受けます。

最後にトレーニング中に貯金した額を報告しあいます。

 

【ステップ3】

1人$1500ずつ、ローンを組み、小さなビジネスをスタートします。

 

【ステップ4】

毎週グループメンバーやグラミンスタッフと集まります。

追加ローンや貯蓄、継続トレーニング、仲間とのネットワーク強化など様々な継続支援を受けます。

 

【ステップ5】

少しずつ自立しながらビジネスを成功に近づけます。

 

こうした展開をグラミン日本で実現するために準備機構が立ち上がっています。

 

全国の保険代理店としては、「寄付」、「基金拠出」、「賛助会員」として支援していくとともに、保険ショップではより積極的にシングルマザーの雇用を推進し、就業面で支援していければと考えています。

 

7月の結心会定例会での「プレゼン」をお願いして来ました。

 

是非、7月の定例会に参加いただき、直接お話をお聞きいただければと思います。

 

こうした草の根運動を支えてこそ、保険代理店の存在価値が高まると考えます。