カープファンが高じて広島に移住してもらう「Cターン」がスタート

プロ野球は近年、地域密着型の運営が効果を発揮し、入場者数は2018年も引き続き伸びていますが、「カープ女子」という流行語まで生んだ広島カープになると、地方球団の枠を超えていることが報じられていました。

 

広島県はその波に乗り、カープのある暮らしを前面に出すUターンならぬ「Cターン」という移住生活を促すキャンペーンに乗りだしたということです。

 

カープ愛が高じて、居住地まで移す現象です。

 

コアの力は地域経済にも貢献することが立証されるかですね。