カードのポイントを使って投資信託

若者などが投資を始めるきっかけにしてもらおうと、現金ではなく、カード会社などのポイントで株式投資を体験したり、投資信託を買ったりできるサービスが相次いでいると報道されました。

クレジットカード大手のクレディセゾンは、カードの利用でたまるポイントを使って株式投資を体験できるサービスを今月、始めまたそうです。

対象は「カルビー」と「日清食品ホールディングス」、それに「ホンダ」の3社の株式で、指定した分のポイントが株価の値動きに合わせて増えたり減ったりします。

そして、一定のポイントがたまると、その会社の実際の株式と交換することもできるということです。

また、楽天証券はネット通販の利用などでたまるグループのポイントを投資信託の購入に使えるようにしているほか、NTTドコモも、投資信託に連動してポイントが増減する運用サービスを始めています。

現金ではなく、カードの「ポイント」を使ったこうした取り組みは面白いと思いますね。