オリックス銀行 リバースモーゲージに家族信託型開発 認知症でも自宅売却可能に

オリックス銀行は高齢者向けに自宅を担保として老後の資金を融資する「リバースモーゲージ」で、契約者が認知症になっても家族が物件の管理や売却を代行できる商品を開発したことが報じられました。

 

契約者が信頼する親族に物件の管理を委託する「家族信託」の仕組みを組み込み、認知症にかかった際に権限が移るようにしたものです。