みずほ銀行とソフトバンクが共同で情報銀行参入へ

みずほ銀行とソフトバンクは2020年春、利用者の同意に基づいて個人データを預かり、第三者の企業に提供する「情報銀行」を共同で始めることが報じられました。

 

両社は個人の信用力を人工知能(AI)でスコアリング(点数化)する事業を手がけており、ここで得た職業や年収、趣味などの個人情報を活用するというもの。

 

2グループの顧客基盤は大きく、データビジネスが本格的に広がるきっかけになりそうだと報じていました。