ふるさと納税の新しい制度が1日からスタート

ふるさと納税の新しい制度が、1日から始まりました。

より多くの寄付を集めようと返礼品の豪華さを売りに自治体どうしの競争が過熱した反省から、返礼品の単価を寄付する額の3割以内におさえることや地元産品に限るといった基準を守らなければ、自治体はふるさと納税に参加できなくなります。

 

寄付を募る自治体側は返礼品の豪華さを打ち出すのではなく、寄付を使ってどんな町にしたいのか、その施策をPRすること。

 

寄付する側には、その自治体のどのような施策に寄付するお金を使ってもらいたいのか、考えた上で応援することが求められています。

 

「寄付を通じてふるさとを応援する」という制度の原点を改めて考える機会になっているのかもしれません。