ふるさと納税 返戻はモノからコトへ

ふるさと納税への返礼で、地域資源を生かした体験型イベントを開く取り組みが広がっていることが報じられました。

 

千葉県南房総市は夏休みの自由研究を手助けする企画を始めたそうです。

 

神奈川県箱根町は伝統の「お座敷遊び」を返礼に取り入れたそうです。

 

総務省が高価な「モノ」の返礼への規制を強めるなか、他地域では体験できない「コト」で寄付を集め、地域のファンを増やすねらいだと報じていました。