ひとり親方に労災保険

建設業向け求人アプリを運営する助太刀(東京・渋谷)は、建設業界で働く「ひとり親方」と呼ばれる独立した職人を対象に、労災保険の取り扱いを始めたことが報じられました。

 

スマートフォンアプリで簡単に申し込める手軽さや値ごろ感のある保険料を打ち出すそうです。

 

サービス開始から1年後に1万人の加入を目指しており、保険を利用するには、同社が発足させた助太刀組合(同)への加入が条件となります。

 

職人のマッチングアプリ「助太刀」は8万人超が利用しており、同社によると、労災保険にひとり親方があまり加入しない背景には保険料の高さがあるとしています。