どの業界も同じですね。 (ネクタイ派手夫の保険流通革命ブログより)

調剤・ドラックストアに「みんなの健康ラウンジ」を出店していますが、調剤・ドラックストア業界に厚労省から発せられている「患者のための薬局ビジョン」を見ると、どこの業界も同じだと痛感します。

 

特に調剤薬局では、「多剤・重複投薬の防止」や「残薬解消」などをしなければなりません。

 

これにより、医療費の適性化が可能となる訳です。

 

薬局再編の全体像には、「立地から機能へ」

 

 

「対物業務から対人業務へ」

 

 

そして、この定着のためには、PDCAサイクルの実施をと記されています。

 

 

最後に統括として、記されているものが、コレ↓↓

 

 

「患者本位」の医薬分業の実現に向けてという内容で締めくくられています。

 

保険業界と一緒!!

 

何処の業界も、お客様本位という事ですね。

 

その意味では、調剤業界と保険代理店業界が手を組むことは「最適なタッグ」と言えると思います。

 

最強タッグで、お客様に寄り添う地域態勢を、調剤&保険ショップの融合体である「みんなの健康ラウンジ」で展開して行きたいと思います。

 

出店希望の調剤・ドラックストアの皆様、

 

同じく出店希望の全国各地の保険代理店の皆様、

 

株式会社インステック総合研究所まで、アクセス下さい。

 

➡ ➡  https://instech-r.co.jp/

 

お待ちしていまーす!