ついに空飛ぶ自動車が来年から納車 夢の時代の到来

スイスで、世界有数のモーターショーが報道関係者に公開され、電気自動車への移行が進む一方、走行性能を売りにしたスポーツカーや、空を飛ぶ車なども大きな注目を集めています。

 

オランダのベンチャー企業が発表した空飛ぶ車は、折り畳んで車の屋根に載せた大きな羽根を広げるとヘリコプターのような形になり、エンジンの力でおよそ500キロの距離を飛べるということです。

 

価格は日本円でおよそ4000万円で、世界各国から注文が来ており、来年から順次、納車する予定だということです。