たばこの警告文の表示面積を50%以上に拡大

財務省は国内で販売するたばこの包装の警告表示を見直すことが報じられました。

 

健康被害を警告する文言の表示面積を現行の「30%以上」から「50%以上」に広げるというもの。

 

健康リスクに関する最近の研究なども反映して文言も見直します。

 

近年急速に普及する加熱式たばこについても専用の文言を新たにつくります。

 

2020年の東京五輪までに流通するたばこのパッケージを切り替えたい考えです。