がん新患者 2016年で年間100万人近くとなり過去最高に

国内で新たにがんと診断された患者は、平成28年の1年間でのべ100万人近くとなり、過去最多となったことが報じられました。

 

新たな制度で把握した、これまでより正確な患者数だということです。

 

日本人の死因で最も多いがんについて、厚生労働省は研究などに役立てようと、医療機関に患者の情報の届け出を義務づけてデータベースで管理する「全国がん登録」という制度を平成28年から始めました。

この制度で把握した患者数が初めて公表され、平成28年の1年間に国内で新たにがんと診断された人はのべ99万5132人でした。別の制度によって把握された前の年の患者数と比べると10万人余り多く、過去最多となっています。

がんの種類別では、男性で最も多いのが胃がんで9万2600人、次いで前立腺がんが8万9700人、大腸がんが8万9600人などとなっています。

女性で最も多いのは、乳がんで9万4800人、次いで大腸がんが6万8400人、胃がんが4万1900人などとなっています。