かんぽ生命の不正販売で販売自粛の郵便局員が持続化給付金、便乗申請

日本郵便は27日、かんぽ生命の不正販売を受けた販売自粛で手当が減ったことを利用し、持続化給付金を申請した郵便局員がいるとみて、調査を始めたと明らかにしたことが報じられました。

 

新型コロナウイルスと無関係の申請が判明した場合は、申請の取り下げや返金を求める方針だそうです。

 

なかなか悪質ですね。

 

悪意を持って人をだまして保険に入らせようとする根っこが垣間見れるニュースでした。

 

こうしたところに保険販売の許可を出しては業界の恥だと考えます。