かんぽ 不適切契約 過去5年間で約18万件 金融庁立ち入り検査へ

かんぽ生命保険で顧客に不利益を与えた可能性のある契約が過去5年間で18万3千件にのぼることがわかったと報じられました。

 

保険料の二重徴収が7万件に膨らみ、悪質さが目立ったとのことです。

 

同社は8月から顧客や販売員に契約時の状況を聞き取り、必要に応じて元の契約への復元や保険金の支払いをするとしています。