いよいよ安全運転で保険料割引が今年後半からスタート (SankeiBizより)

あいおいニッセイ同和損害保険が、車載機器で運転時の動きを日常的に分析する「テレマティクス」で保険料を割り引く新しい自動車保険を販売することがわかった。

分析の結果、安全な運転をしているドライバーに保険料を割り引く仕組みは国内大手損保では初めて。

17年度後半にも販売を始める。

 

車に備え付けのカーナビなどを使用して、急ブレーキや速度超過の有無などを分析し、月ごとの運転傾向を点数で評価。年齢区分や免許証の種類などに基づき決まる保険料から、評価に基づき、翌月の保険の割引率に反映する。安全運転のためのアドバイスなども通知する。

 

海外ではテレマティクスを活用した保険料割引の仕組みは普及している。

国内でも損保各社が安全運転を支援するサービスを拡充しており、今後、安全な運転をより細かく保険料の割引に反映する動きが広がりそうだ。