あんしん生命 がん治療保険外でも実費

東京海上日動あんしん生命社は来年2月から、がんの治療や投薬で保険適用外の自由診療にも実費で最大1億円支払うがん保険を発売することが報じられました。

研究の進展で多様化する保険適用外のがん治療に対応する狙いがあるとしています。

がん治療では、一般的な外科手術や抗がん剤であれば保険対象となって自己負担は治療代の1~3割で済みますが、近年は、欧米で医療・医薬の研究が進んで有効性の高い治療や治療薬が相次いで開発されています。

しかし、日本では安全性の確認が追いつかず未承認の治療や薬剤がなお多く、保険対象とならず、費用負担が数百万~数千万円に上ってしまうケースもあるといわれています。