あおり運転「保険で備えを」 損保各社新サービス投入

あおり運転が社会問題化する中、損害保険各社がドライブレコーダー(ドラレコ)を貸与する自動車保険の特約にあおり運転に備えた機能を追加するなど対策を強化する動きが広がっていることが報じられました。

 

運転車の不安に対応したサービスで保険利用拡大を図るとともに、あおり運転被害削減に向け保険で支援する狙いです。

大手損保各社は自動車保険の契約者向けに特約保険料(月額650~850円)を支払えば、通信機能のあるドラレコを貸し出し、安全運転を支援するサービスを始めています。

東京海上日動火災保険は10月から、この特約にあおり運転に備えた機能を加えます。

あおり運転に遭遇した場合、運転手は同社から貸与されたドラレコのボタンを押すと、警備会社のオペレーターが映像と衛星利用測位システム(GPS)などで場所や状況を瞬時に把握。

運転手に「ドアをロックして車外に出ないでください」といったアドバイスを行うそうです。

被害が深刻なときは警察に通報してもらうこともできるます。

 

あおり運転対策をめぐっては、損害保険ジャパン日本興亜が8月から、あおり運転トラブルに巻き込まれた際に警察への通報を円滑に行えるよう、ドラレコの映像や位置情報を契約者の家族のスマートフォンに送信するサービスを開始。

三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は5月に、車間距離を詰めてくる後続車を撮影できる機能を新たに追加しました。