あいおいニッセイ同和、東京海上が自動車保険をペーパーレス化へ

あいおいニッセイ同和損害保険と東京海上日動火災保険が大手損保で初めて自動車保険の申し込みでペーパーレスを導入することが報じられました。

 

新型コロナウイルスによりオンライン商談が増えたことにあわせて書類の郵送事務を見直すもの。

 

あいおいニッセイ同和は11月にスマートフォンなどから契約手続きができるようにし、顧客に郵送していたパンフレットや見積書もメールなどで送って一連の手続きをペーパーレス化します。

 

東京海上は12月をメドに導入、インターネット会議で契約の内容を説明した後に、ネット上で手続きができるリンクを案内、署名・なつ印をなくしてペーパーレスでの商談を実現するそうです。

 

紙のやり取りは申込書の返送先となる代理店の働き方改革を阻む要因にもなっていましたが、コロナ禍で代理店の在宅勤務も増えており、ペーパーレス化を進めて場所を選ばない働き方を後押しするとしています。

 

申込書が不要の自動車保険は楽天損保も7月に本格的に始めたと発表しており、大手の参入によってペーパーレスでのやり取りが一段と広がりそうだと報じていました。