「私だけの化粧品」 スモールマス市場急成長の黒子

「私だけの一品」を求める消費者の需要をつかみ拡大する化粧品などのスモールマス市場。

 

その生産を請け負う黒子役の企業が急成長していると報じられました。

 

武器はコストの安さではありません。

 

大手の日本色材工業研究所は最短30分で生産品目を切り替えるラインの柔軟性や、3万種類に達する原料の調合ノウハウを持ちます。

 

「日本製」を作りたい中国企業からの委託拡大も追い風に、化粧品の受託生産市場は4年で4割増えたそうです。