「民泊新法」今日6月15日施行

民泊の営業を解禁するいわゆる「民泊新法」が6月15日に施行されました。

 

自治体に届け出れば原則、誰でも民泊を営業できますが、件数は全国で2700件にとどまっていて、今後、どこまで普及するか注目されます。

 

「民泊新法」では、自治体に届け出をすれば年間180日を上限に原則、誰でも住宅やマンションの空き部屋などを有料で貸し出す民泊を営業することができますが、一方で届け出をしないまま民泊を営業したり、仲介を行ったりした事業者には、罰金が科されることにもなります。