「平成」30年間に命名された名前は男の子が「翔太」くん、女の子が「美咲」ちゃん

「平成」の30年間に生まれた子どもの名前で最も多かったのは、男の子が「翔太」、女の子が「美咲」だという調査がまとまりました。

この調査は「明治安田生命」が契約者を対象に毎年行っていて、今回は、来年5月に元号が改められるのを前に、平成の30年分の名前をまとめました。

それによりますと、男の子で最も多かった名前は飛翔の「翔」に「太い」で、「翔太」、次いで飛翔の「翔」1字で「しょう」や「かける」、健康の「健」に「太い」で「健太」でした。

また、女の子では「美しい」に「咲く」の「美咲」が最も多く次いで漢字1字で「葵」、太陽の「陽」に菜の花の「菜」で「ひな」や「はるな」と読む名前が多くなりました。

一方、平成30年に生まれた子どもで最も多かったのは、男の子が「蓮」の1字で「れん」、女の子が「結ぶ」に「月」と書いて「ゆづき」でした。

 

新しい年号を迎えて、また傾向が変わるのでしょうかね。