「子ども食堂」が全国で2000ヶ所超え

経済的に厳しい家庭の子どもなどに食事を提供する「子ども食堂」が全国で急増し、2000か所を超えたことが運営者などで作る団体の調べでわかりました。

 

団体の代表は「地域の交流拠点として機能してきており、今後行政や企業も一体となってさらに広めていく必要がある」と指摘しています。

 

子ども食堂は、経済的に厳しい家庭や親が働いているため1人で食事をする子どもなどを対象に無料や低額で食事を提供する取り組みです。

食堂の運営者などで作る団体が東京で記者会見を開き、先月までに行った実態調査の結果、おととし全国に数百か所あると見られていた食堂がその7倍の2286か所にまで急増していることを明らかにしました。

都道府県別では、東京都が335か所、大阪府が219か所、神奈川県が169か所などとなっています。

 

2年前に東京・新宿区で始まった「新宿ニコニコ子ども食堂」は、小学生から70代まで幅広い世代のボランティアで運営されています。子どもたちの成長を地域で支えようと、定年退職した近所の住民や地元の大学生などさまざまな人たちが集まり交流拠点にもなっています。

子どもは無料、大人は300円の費用で、栄養バランスの取れた手作りの食事が食べられるということもあり、定員の30人を超える申し込みもあるということです。

全国各地の保険代理店でも出来ることをしていかなくてはならないと思います。