「保険相談サロン F.L.P」社が売却されました

「保険相談サロンF.L.P」という屋号の保険ショップをご存知でしょうか。

 

ネクタイ派手夫は、田園調布の東急スクエアの店舗をたまに見学することがありますが、東急沿線の顧客層の良い場所に展開している保険ショップというイメージがあります。

 

保険ショップ造作自体も、空間デザイナーが凝った造りをされているので、「店舗」というインフラだけを考えると、一番、保険ショップとしては良くできた造りとなっているところでもあります。

 

数年前から、「売り」の話が出て、多くの企業が、触手を伸ばしましたが、なかなか決まりませんでしたが、漸く、売られました。

 

買ったのは、朝日生命保険相互会社。

 

「保険相談サロンF.L.P」を運営していた株式会社F.L.Pの株式を取得し、子会社化したというIRが発表されました。

 

ニュースによると、F.L.P社は、首都圏を中心に20店舗の保険ショップをチェーン展開している乗合代理店であり、経営理念として「お客様の想いを受けとめ、安心を提供する」を掲げ、お客様一人ひとりのニーズに応えてきめ細かい最適な保障を提案している代理店と紹介しています。

 

これで、20店舗以上を有する保険ショップで、保険会社等の資本が入っていないのは、1社くらいになりましたね。

 

生命保険を主として取り扱う保険ショップは、生命保険のインセンティブやボーナス、キャンペーン手数料等々がなくなる中、手数料が半減するという代理店の声も聞くようになりました。

 

こうした背景の中、顧客本位の営業を展開するには、強力な資本の支えや人的支援が不可欠なので、仕方ないと言えば仕方ない流れかと思います。

 

訪問販売系の保険乗合代理店、損害保険機関代理店等々のM&Aの話は相変わらず水面下で動いていますね。

 

そのためにも、代理店同士のネットワーク化による巨大化は必要です。

 

こうしたネットワーク化を進めたい方は、一度、株式会社インステック総合研究所にご相談下さいまし!!