「ネット炎上に備える保険」を損保ジャパン日本興亜社が発売!

損害保険ジャパン日本興亜は、インターネット上で企業のマイナスイメージにつながる情報や批判が広がって「炎上」した場合に備えた保険を発売すると発表しました。

 

炎上の拡散防止やメディア対応の費用を補償します。

 

従業員の不祥事やキュレーション(まとめ)サイトも対象になります。

 

ネット上の炎上を対象にした保険は国内で初めて。

具体的には、交流サイト(SNS)などネット上で炎上した場合や、企業のマイナス情報が拡散する恐れがあると認定した場合に、対応策や原因究明にかかる費用を支払うというもの。

 

たとえば食品への異物混入や従業員による不衛生な行為などで炎上した場合、経緯などを分析したリポートの作成費用やコンサルティング費用、新聞やテレビなどへの謝罪広告費を補償するそうです。

 

保険金の限度額は1000万円で、保険料は年平均50万~60万円程度。

 

時代と共に保険は進化しますね。