MaaSで地域課題解決

三井住友海上火災保険、ヤマハ発動機などは、MaaS(乗り物のサービス化)の実現に向けた取り組みを実施すると発表したことが報じられました。

 

ヤマハ発動機が開発した低速モビリティを活用し、島根県雲南市で実証実験を実施。

 

運転免許を返納した高齢者の移動手段確保など、地方自治体が抱える課題解決につなげる意向。

 

実験はゴルフカートベースの車両を使い、市内を循環すし、共同実施先のMS&ADインターリスク総研が天候や時間帯ごとのリスクを分析し、安全な走行ルートの策定などを実施。

 

3社は保険の仕組みを含めたMaaS導入用のパッケージ商品を開発する考え。

 

高齢者の移動手段の確保という共通課題を持つ他の自治体向けの提案を想定。

 

MaaSの普及促進につなげる展開です。